お金を借りる方法について知識を身につけよう

お金を借りるということは、お金が無くなってしまった時の最後の手段だと考えている人が多いと思います。

それで正解なのです。

実際、公的機関、銀行、消費者金融などからお金を借りた場合、利息がつくので、結果的に借りたい金額よりも多く返済することになるわけですから、借金はあまり良い方法ではないですよね。

ただし、やむを得ず借りなければならない状況は身近にたくさんあります。

突然失業してしまった時、個人事業で何かあった時、お子さんの学費や諸経費でどうしてもお金が必要な時、色々な状況が重なってしまうと誰でも金策に走らなければいけない事態になります。

そういう時に、お金を借りる方法を知識としてあらかじめ知っておけば、どのような方法が自分にとってベストなのか適切に判断できます。

まず、お金を借りる方法として大きく分けられるのは、国や公的機関から借りる方法、銀行から借りる方法、消費者金融から借りる方法になります。

お金を借りるのでそれぞれ利息がつきます。

また借り方もカードローンとキャッシングがあります。

それぞれ借りる前に必ず審査がありますので、特に国や公的機関の場合は条件に目を通しておいたほうが良いです。

利息が低い分、誰でも借りれるというわけではありません。

カードローンは、リボルビング払いとなっていて一定額を長期間返済する形式です。

キャッシングは、翌月に一括返済するので両者は返済方法が違います。

カードローンも利息が安めの銀行は、収入面などでの審査が厳しく、消費者金融は審査があまり厳しくないので、パートをしている方、アルバイトをしている方でも審査を通ればすぐに借りることができます。

最後に、お金を借りる上で一番大事なのは、自分がいくら必要なのかをきちんと計算しておくことです。

ご利用は計画的にとCMで流れていますが、家計から一定額支払い続けられる無理のない限界の金額を算出しておくこと、車などの個人資産を売却してお金を得られるかどうかなど、あらゆる方面から考えて、借金の額を必要最低限にまで抑えることが一番大切です。

そして、計画が立てられたら、自分のライフスタイルに合った方法でお金を借りましょう。

お金を借りるのに必要書類にはどんなものがあるのか

どんなに貯金をしっかりしていても、どんなに計画的に生活していても、突然お金が必要になる状況が訪れる可能性はあります。

失業や病気などのネガティブなこともそうですし、個人で事業を行う方も増え、主婦でも副業を持っている人が増えました。

学生で事業を起こしている人もいます。

そうやって、個人が様々なライフスタイルを実現し始めたため、お金をどう借りるかということもまた重要なポイントになってきているのです。

何らかの方法でお金を借りることになった時、何も知識が無ければ太刀打ちできません。

一番認識しておいて頂きたいのは、お金を借りるということは、必要金額をすぐに受け取れる代わりに利子が発生します。

それは誰でも、想像つくことですよね。

それゆえ、お金を貸す側としても信用を何かの形で証明させる必要があるのです。

お金の借入先ですが、国や公的機関、銀行、消費者金融がメインになってきます。

利息が低いところで借りるのがベストですが、そういうところは審査が厳しくなっています。

必要書類が沢山いるのではないかと、思われるかもしれませんが、その手続き面は難しくありません。

最近では、ネットやスマホで申込みできるところもありますので、必要書類を用意する、記入する面倒はあまり感じないはずです。

また、借金と言えば保証人が必要だというイメージがあるかと思いますが、大手消費者金融は担保や保証人、印鑑はいりません。

審査は、借入先によって違います。

利子の低い銀行は厳しめに審査しますので時間がかかる場合もありますが、消費者金融ならすぐに審査が通ることがほとんどです。

受け取りには、本人確認書類として、運転免許証やパスポートなどが必要になりますが、申込み時に必要な書類という点では、神経質になるレベルではありません。

あらかじめサイトなどで収入証明に必要な書類などがあれば、記載されているので問題ありません。

ただし、審査では、「希望額貸してきちんと返済できるか」という観点でチェックされますので、自分の希望額については利息含めてしっかり考えておかなければいけません。

なるべく借りる額を少なくして、無理なく返済することが安全なお金の借り方だと言えます。

意外と知らないかも・・・お金を借りる手順とは

普段生活していると、奨学金で大学に通ったり、親や友人からちょっとした額のお金を借りることはあっても、まとまった金額を銀行や消費者金融で借りることはあまりないですよね。

メディアでも借金についての報道はされていますし、映画、漫画などでもローンやキャッシングを題材にした作品がありますから、なるべく借りない方が良いのかな程度の認識かと思います。

しかし、突然まとまった額のお金が必要になることもあるのです。

例えば、世帯主の傷病、失業、保険に入っていなかったなどもありますし、最近増えている個人事業主の場合は、もし突然のトラブルが起きた時に、支払いが必要になることもあるでしょう。

お金と生活は世の中の経済状況、予測できない事故、トラブルなどが絡み合い、繊細なバランスを保ちながら関係しているのです。

そういう時に、銀行や消費者金融は便利ですので、仕組みや手順をきちんと理解しておけば、心強い味方となります。

正しい知識をつけて、いざという時のための選択肢の一つとして、冷静な頭で判断できるようにしましょう。

実際に、お金を借りる手順ですが、銀行でも消費者金融でもまず、申込みを行います。

ネットなどで簡単にできる会社もありますので自分の状況に合わせて選びましょう。

またその次に審査となりますが、銀行など利子が低いところほど審査は厳しくなります。

審査に通れば、貸付が行われ、あとは利子が上乗せされた自分が借りた額を月々返済していくというのが大まかな手順です。

今すぐ必要なのか、あるいは借りるのが少し先で良いのか、まず自分の状況を見極めることが一番大切なことです。

今すぐ借りることができる、審査のスピードが速いなどのメリットがあるのは消費者金融です。

銀行は審査が厳しめですが、利息が低いメリットがあります。

また、自分で返済計画を立てて、家計にどれだけ影響があるかも考えておかないと返済が滞り、最悪の事態になりかねませんので、どうしてもお金を借りなければいけない非常事態の時ほど、冷静に考え、判断するようにしましょう。

店舗でお金を借りるのは気が引けて緊張する人へ

店舗でお金を借りる時、誰かに入っていくのを見られたらどうしようと、気になって落ち着かない人もいるかもしれません。

確かに、消費者金融などの店舗は大きく看板を掲げているので、入店するのを見られることに緊張を覚える人もいるでしょう。

そういう人におすすめなのは、Web完結型などのネットで契約から貸付までできる方法です。

これなら店舗に足を運ぶ必要どころか、自宅で誰にも気づかれずにお金を借りることができます。

契約書の郵送すら、指定できる会社もありますので、契約書や明細書の郵送によって自宅の家族に気づかれずにすむということもあります。

お金を借りることは、非常に個人的なことなので人に知られたくない、見られたくないということは人間の心理だと言えます。

そういった要望に応えてくれるのが大手消費者金融などのWeb完結型サービスです。

銀行や信販系でもネットで申込みはできるので、調べてみると良いでしょう。

また、時間が無いという忙しい人も当然います。

最近では、多種多様なライフスタイルが実現できるようになってきているので、都心から離れたところに住みながら仕事をしている人や、起業している人なども沢山います。

ですので、店舗に足を運ぶ時間が単純に無い人がいて当たり前なのです。

そういう人にとっても、場所や時間を選ばないネットで申込みから貸付まで全て完結できるサービスは魅力的なのです。

ネット銀行系カードローンも最近良く取り上げられていますが、ネットでのノウハウを強みとしているネット銀行はやはりその盤石なシステムにも強みがあります。

様々な諸経費を削減できているため、低金利も実現していますし、ネットで全てを行えることは大きなメリットになってきています。

店舗でお金を借りることが以前は、主体でしたが、現在は様々な方法で自分のライフスタイルや考えに合わせてお金を借りる方法自体選択できるようになっています。

どのようなやり方が自分に合っているか考えて、サービスを便利に活用しましょう。

店舗でキャッシングするメリット・デメリット

キャッシングを初めてする人にとって、どういう手順でどこでやるのかさっぱりわからないと思います。

ネットで調べるとWeb完結型などの言葉が良くでてきますが、ネットで申込むことに抵抗がある人がいても当たり前です。

お金を借りるという行為は非常にプライベートなことなので、出来れば人に知られたくないでしょうし、色々な質問が頭をよぎるでしょう。

ネットや電話だと、顔を見ての応対ではないので、心配な人にとっては不安が沢山あることだと思います。

そういう時に便利なのが、店舗で申し込む方法です。

確かに、店舗まで足を運ぶことは時間がかかりますし、手間もかかるので面倒くさいというデメリットを挙げる人が多いかもしれませんが、初めてお金を借りる人で心配する気持ちが大きい人は直接人とやりとりした方が、落ち着いて契約できるはずです。

疑問があればその際に、聞いてみるとその場で解決しますし、そういった意味で対面式にはメリットがあるのです。

お金を借りる行為を人に見られることに抵抗があると感じる反面、不安を覚える人も多いので、対面式でのキャッシングは無くならないでしょう。

特に、突然まとまったお金が必要になったという時は、色々あると思いますが、動揺している時が多いです。

例えば、個人事業主の方で突然運転資金が必要になったり、親類に不幸があった時、またはご家族のどなたかが病気になってしまった時など、避けられない出来事であるがゆえに、突然起こると非常に心が乱れて平常心ではいられなくなるのが人間です。

特に、初めてお金を借りるという決断をした人はネットでキャッシングは難しいかもしれません。

店舗にて、契約面や返済面で自分が不安に思う点を相談しながらやりとりしていくうちに落ち着いて判断ができるようになります。

そういった意味で、店舗でキャッシングすることはわずらわしいなどといったデメリットばかりではないのです。

メリットも沢山あるので、自分に合ったキャッシングの仕方を選択しましょう。

お金を借りるならどこが良いのかランキング

お金を借りるなら、どこの会社が良いのか、これは誰でも気になることです。

大体、ネットに出ているカードローン比較ランキングによると、順位の上下などの内訳は多少異なりますが、出てくる名前はほとんど同じです。

まず、メガバンク系なら、三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、ネット銀行系なら楽天銀行スーパーローン、住信SBI銀行カードローン、信販系ならオリックスカードローン、というところがほとんどのランキングに出てきています。

これらの大きな共通点は低金利、安心感、スピード感といったポイントです。

低金利の会社というのは、審査が厳しいというのが今までの定説でした。

それゆえ、すぐにまとまった金額が欲しい場合には便利ではないという印象があったのです。

しかしながら、最近では低金利であっても審査が速いという会社が増えてきました。

これは大手消費者金融のサービスに対抗してのことですが、お金を借りる側からすれば非常にありがたい傾向です。

また、ネット銀行はネットにおけるセキュリティを始め、様々なノウハウを持っているところに特徴があります。

また、ネットが主体なので人件費がかからない点などから金利を低く設定できるのも強みでしょう。

ネットならではのスピード感も非常にメリットが大きいです。

信販系は昔から、消費者金融と銀行の中間に位置するなどと言われてきましたが、最近では銀行よりも金利が低い商品を出しているところがあります。

そういった意味で、以前のイメージや考え方が覆るほど、最近のお金を借りられる会社というのはデメリットを克服し、既存の強みを更に磨いた形で私たちに提供するようになってきているのです。

消費者金融もまた、ランキングには入ってきますので、相変わらずスピード感や無利息期間などの独特なサービスなどにより、気軽さを求めて一時的に利用するのに便利なのは確かなようです。

自分のライフスタイルに合った会社を適切に選びましょう。

体験談から学ぶ、お金を借りる際のポイント

お金を借りたことが無い人にとって、一番聞きたいのはどういう会社をどういうポイントで選んだかというところです。

あとは実際に借りてみて、どうだったかという印象などは非常に参考にしたいところです。

それだけ、お金を借りることという話題は人に出しづらいことでもあるのです。

お金を借りる際に、多くの人は低金利という面とスピードの速さという面で選んでいます。

これはお金を借りる際に、見ておくべき重要なポイントだと言えます。

また、お金を借りる人の背景は様々です。

大企業に勤めている人、個人事業主、学生、主婦、アルバイト、こうした自分の持っている背景を考えて低金利とスピードという点から選ぶのがベストではないでしょうか。

体験談として一番多い話は、審査に通らないと思ったが通ったという話です。

特に低金利を売りにしている銀行系や信販系は審査が厳しいというのが私たちの持つイメージです。

なので、ダメ元で申込みをしたが意外に通ったという体験談が結構多いので、条件が合いそうであれば挑戦してみる価値は十分にあります。

また、オペレーターや対応してくれる人の印象によって安心感を覚えている人も多いのが実情です。

確かに、お金を借りるという行為は非常にデリケートでプライベートなことなので、信頼感のない対応をされるとこちらも信頼できなくなります。

そういう時に、誠実にしっかりとした説明をしてくれたり、丁寧な対応をしてくれると、お願いして良かったという感想につながっているのです。

こういう体験談は、ネットで簡単に調べることができます。

もちろん一番大事なのは、自分の経済状況や家計を圧迫しない返済額から逆算して借入額を決めるなど、自分自身のお金の流れを把握しておくことなのですが、会社を選ぶ際には、多くの選択肢を持つ方が良いでしょう。

こういった実際の体験談から学べることは沢山あります。

第三者の客観的な目という意味でも、参考になることは間違いありません。

賢く活用するためにも多角的な視点で選ぶようにしましょう。

お金を借りる前に、経験者の口コミチェック

お金をどこで借りるのが一番良いか、これは誰もが知りたいところだと思います。

世の中で、既にお金を借りたことがある人の口コミの中で、どういう点に着目して会社を選んでいるかというと、大抵の人は金利の低さをチェックしているようです。

想像どおりですよね。

金利が安いと言えば、銀行系カードローン、信販系カードローンが挙げられます。

これらは消費者金融に比べると低金利です。

しかも最近では、消費者金融の強みであるスピード感に対抗したのか、審査を非常に速く行ってくれるところが増えました。

これもまた、利用者が着目している大きなポイントになっています。

また、銀行系や信販系の強みと言えば、安心感です。

これは例えばメガバンクのカードローンで、金利が安く、審査も速いのであれば借りたくなりませんか。

メガバンクならまず安心できること、経営も安定していること、そういった消費者から見た信頼感が既にあるからなのです。

お金のプロといったイメージを持っていると言っても良いかもしれません。

口コミで、評判が良いのは、上記の点から高い評価を得ている、住信SBIカードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、オリックス・クレジット、みずほ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンなどが挙げられます。

銀行系はやはり良いイメージがあります。

特に最近は、審査も消費者金融同様にネットで申込みできる形式のものがほとんどですし、審査も条件を満たしていれば厳しくないようです。

また、ネット銀行系はネット関連ビジネスに非常に強く、ネット上で全て完結できるという大きな強みがありますので、これからますます人気が高まりそうです。

どこでもいつでも手続き可能なところは時間が無い人にも便利です。

銀行系や信販系も以前と異なり、審査の厳しさやスピードの遅さなどといったデメリットを克服しつつあります。

低金利は非常に魅力的ですので、お金を借りる際には、選択肢の一つに入れておくとベストです。

よく考えよう、お金を借りることのデメリット

お金を借りることには、メリットとデメリット両方存在します。

これは何事においてもそうなのですが、お金を借りることへのデメリットにばかり目が行く人が多いと思います。

大まかに言うと、金利が高い会社からなぜわざわざ借りるのか、損をするのではないか、返済に追われて生活が苦しくなる、などといったことがほとんどだと思います。

確かに、利息というのものはお金を借りる上で、切っても切り離せないものです。

保険に入っておいたり、貯金しておけば、お金を借りずに済むわけですから、その方が得策なのは当たり前です。

ただ、デメリットにばかり目が行ってしまうのは非常にもったいないです。

というのも、お金を借りなければいけない状況に陥ることは誰にでも起こり得るからなのです。

家族の誰かが病気になった時、治療費は出せても生活費がなくなる可能性があります。

また、通勤に必要な車が突然故障してしまってまとまった額が必要になった、などの不測の事態というのは起こる可能性があるのです。

そういった時に、お金を借りることの知識が乏しいせいでデメリットばかり頭にあると、適切に処理することができず、解決が遅れる可能性があります。

消費者金融や銀行のカードローンというのは、そういう時に非常に便利なのです。

特に消費者金融は即日で貸してくれることがほとんどなので、困った時にスピーディーに対応してくれます。

すぐに借りられれば、心の余裕につながり、事態が悪化することは無いでしょう。

また、懸念されることの多い返済についてですが、家計を圧迫しない額を自分できちんと把握さえしておけば、無理なく返済できます。

最大のデメリットでもある、利息についても、今は銀行系や信販系のカードローンの中に低金利の商品がありますので、色々と調べて自分に合ったものを見つけるとよいでしょう。

生活していく中で、一時的にお金が必要になることは仕方ないことです。

お金を借りるなら様々な視点から会社を選んで賢く利用しましょう。

なんだか心配…お金を借りることのメリットとは

突然、お金が必要な時はどういう時だと思いますか。

よく、漫画やドラマで取り上げられているので、会社の運転資金が無い時、ショッピングしすぎた時、ギャンブル、そういった時にお金が必要になって、消費者金融からお金を借りてしまうものだと思っている人が多いように思います。

要は、自業自得というかお金を借りること自体、臨場感がないと思っている人が多いでしょう。

お金を借りることにメリットなど尚更感じていないはずです。

確かに、そういう事情で借りる人も多いでしょうが、突然お金が必要になり、お金を借りるしかなくなってしまう時は誰にでも起こりうるのです。

例えば、冠婚葬祭、家族や自分の怪我・病気、洗濯機や車の故障による修理、ペットの治療費、そういったことというのは貯金でまかなえる時と事情があってまかなえない時があります。

そういう時に、消費者金融からお金を借りることはメリットがあるのです。

確かに、金利は高いですが、即日融資をしてくれるため一刻を争うような時にも頼りになります。

また、アルバイトやパートなどをしている人でも審査が通るので安心感もあります。

返済が一番心配かと思いますが、自分の必要額だけを借りれば問題ないでしょう。

家計を圧迫しない度合いを日頃から把握しておけば、返済苦に陥ることは避けられます。

最近は、銀行のカードローンも柔軟な商品が出てきているので、それらも含めて日頃から知識を身に着けておくと、突然の出来事にも適切な対応を落ち着いてできます。

利子がつくことばかりに目がいくと、まとまったお金を借りられるというメリットに気づけません。

金の切れ目は縁の切れ目と言うようにお金は非常にデリケートなものですから、すぐに対応してくれる存在はほとんどありません。

だからこそ、大手の消費者金融などは柔軟に対応してくれるので、そういうメリットも頭に入れておくといざという時に助けられます。

正しい知識と自分の経済状態を把握しておけば、とても便利な存在です。

おすすめしたい、賢く安全にお金を借りる方法

お金を借りることは、少し前まで、一律悪いイメージを持つ人や抵抗を持つ人が多かったように思います。

そのイメージの根幹にあるものは、金利の高さによる返済苦というものです。

大まかに言うと、金利が高いところでお金を借りてしまったがために金利しか払うことができず、返済に追われるといったイメージです。

確かに、消費者金融や銀行でもそうですが、金利はかかります。

お金を貸すビジネスを行っている企業は、利子で利益を出しているわけですから仕方のないことなのです。

ですが、まとまったお金が突然必要になることは誰にでも起こります。

例えば、親類に不幸があり、お葬式を出さなければいけなくなった、家族が病気になり、当面の生活費と入院費用が必要だ、車が突然故障した、そういった際に貯金から全て出せれば問題ありませんが、ほとんどの場合、難しいのではないでしょうか。

しかもそういった出来事は、急を要します。

すぐにお金を貸してくれる友人や親戚などいるはずがありません。

そういう時に便利なのが、消費者金融や銀行のカードローンなのです。

銀行は金利が安いですが、審査に時間がかかる場合がありますが、消費者金融は最短で審査を通してくれて、即日融資可能なところがほとんどなので、その場をしのぐことができます。

突然のアクシデントは予測しておくことはできません。

そしてまさか自分がと思うことがほとんどなのです。

もし、そういう困った時に消費者金融の情報を数社知っていたら、落ち着いて自分に合った会社を選べると思いませんか?女性専用の窓口を持っている会社もありますし、無利息期間を設けている会社もあります。

会社によってその強みは様々ですので、普段から情報を集めておくと、いざという時に役立ちます。

大手消費者金融であれば、ほとんど危ない目に合うことは無いでしょうし、何より自分自身で返済額を家計から逆算して把握しておけば問題無いでしょう。

自分のお金の流れをきちんと把握しておくことが、賢くお金を借りるための早道です。

アルバイトでもお金を借りることができます

アルバイトで生計を立てている人やアルバイトをしている学生、アルバイトで家計をフォローしている主婦の方と、アルバイトという勤務形態を有効活用している人は多いです。

生活のためにアルバイトをしているという理由がほとんどでしょうが、アルバイト先が夢につながる業界だという人もいれば、資格を取るためにお金を貯めている、お子さんの教育費のためにアルバイトをしているなどという理由で働いている人もいます。

それだけ、柔軟に私たちのライフスタイルに合わせて働くことができるのはアルバイト特有のメリットだと言えます。

以前は、そういった人達が、いざ冠婚葬祭、家族の病気、車の修理などでどうしてもその瞬間にまとまったお金が欲しいという時、融資を受けられる会社が少なかったのです。

ですが最近は、アルバイトの人も審査に通りやすく、学生や主婦でもアルバイトを安定した収入と見なしてくれる消費者金融がほとんんどですし、銀行でも商品によっては主婦、アルバイトの方OKというものもあります。

アルバイトという働き方は時間や働き方を選べ、自由度が高い分、正社員などの働き方と違い、社会的に保障してくれるものが少ないのが実情です。

自分で貯金をできれば問題はありませんが、不測の事態に対応できるほどの金額を貯めるには時間がかかります。

ですので、ある程度、お金を借りるという方法についてあらかじめ知識を身に着けておく必要があります。

自分の生活を守り、維持するためには必要な手段なのです。

きちんと知識さえつけておけば、危険な目に合うことはありません。

最近は、金利の低いローンもありますし、無利息期間を設けている消費者金融のローンもあります。

必ず自分に適したローンを見つけられるはずです。

そして、一番大事なことは返済についてですが、自分の家計を圧迫せずに返済できる金額を見極めることにポイントを置き、普段からお金を借りるための情報を集めておくと良いかもしれません。

女性が安心してお金を借りるために気を付けること

最近、女性のキャッシングやカードローン利用者が増えてきています。

以前だと、消費者金融からお金を借りる人というのは、あまり良いイメージが無く、消費者金融自体に抵抗を持つ人も多かったと思います。

特に女性は、社会進出が進み、キャリアアップを積む人が増えました。

それに伴い、働く機会も増え、そしてお金を使う機会も増えました。

要は、女性のライフスタイルが近年大きく変わってきたがゆえに、現在は様々な制度も整い始め、女性が働くことは当たり前で、結婚する・しないといった自由も尊重されてきています。

シングルマザーという言葉が認知されていることからもわかることではないでしょうか。

そうなると、女性がお金を借りる理由も多種多様となり、かつ女性がお金を借りる機会も増えてくるのは当然のことでしょう。

また、最近はお子さんの教育に大変力を注ぐご両親が多いように、子供の教育費というのは一時的にまとまった額が必要なものです。

母親という立場からも、様々な理由で今お金が必要だと感じる人もいるのです。

若い女性もまた、海外旅行や留学、交際費などで出費をする機会が増えました。

時は金なりと良く言うものですが、体験というものを大事にする傾向があるので、そういったことにお金を使うことは自分への出資という認識があるのです。

そういった風潮もあってか、最近の消費者金融や銀行、信販系カードローンは女性専用の商品を多く用意しています。

これらの特徴は、女性専用オペレーターが常駐しているということです。

女性同士であれば話しやすいですね。

また、初めての利用者は無利息期間があるというものや、何度借りても期間内は無利息といった商品もありますので、計画的に利用するのであれば、そこまで抵抗を持つ必要は無いでしょう。

ただ、気を付けたいのが自分のお金の流れを把握した上で借りるということです。

あくまで、一時的な利用として考えておかなければ借金を重ねる原因にもなります。

家計を圧迫せずに返済ができるかどうか、その目安をきちんと考えておきましょう。