カテゴリー別アーカイブ: お金を借りる先

銀行が難しい人は消費者金融からお金を借りる

消費者金融は銀行で借りることができない人が利用します。

といってもブラックリストに載るような人はいません。

少し勘違いされがちですが、利息制限法の曖昧な点をついた、いわゆるグレーゾーンは無くなり、消費者金融も利息だけ払ってもらうために、誰でも貸す時代ではなくなったのです。

現在は金利も法定利息内で貸付を行っています。

しかしパートや専業主婦などの毎月一定の収入が無い人が借りに来るのも事実です。

やはり銀行では一定の収入以上がないとカードローンでも貸してはくれないのです。

最近は消費者金融も窓口自体が減ってきています。

以前は町の至るところに、無人契約機やお店がありました。

現在は数社が集まって無人契約機を置く形式が多いのです。

申込みは無人契約機、インターネット、数少ない店頭での申込みが可能です。

また収入の証明書はほとんど必要としないため勤務先の証明などができれば大丈夫です。

また審査から発行も含めて30分程度でできます。

新生銀行グループのレイクではスマートフォンでも申し込むことができるようになりました。

来店が一切不要で、即日に振込みも可能にしてくれます。

最近はこういう形式での申込みが増えているため、窓口も不要で無人契約機でローンカードだけを受け取るだけになっています。

とにかくレスポンスが早いのが特徴です。

消費者金融は銀行傘下といっても単独で会社を運営しているためですので銀行とは違います。

そのため、年収の3分の1までしか借りることができないです。

パートや専業主婦の人はあまり借りられないのはこれが理由なのです。

もともと小口の融資で利息を高く取っていたので、利息が低くなっただけで方向性は今もあまり変わりがないです。

但し事故には敏感です。

預金で会社を経営しているわけではないので、ブラックリスト掲載者には貸すことはしません。

以上の理由などから、消費者金融からお金を借りる人は、お金にあまり困っていない人や今日だけ必要、明日には返せるという人に本当に向いています。

多額に借りたい人はやはり銀行へと行くことをお勧めします。

お金を借りる前に知っておくべき、国からお金を借りる方法

お金を借りる前に、知っておいた方が良いのは国からお金を借りるという方法です。

国や公的機関からの融資制度は、無利子、年利があっても1%台、2%台といったものがあります。

消費者金融と比べれば、相当利息が低いです。

ですが、だからといって国の融資制度に飛びつくのが得策というわけではありません。

国のお金から出されているので、審査や基準が明確にありますし、実際に融資を受けるのも先になる可能性があります。

消費者金融のようにすぐに借りることはできません。

また、基準や条件が満たなければ申し込んでも確実に落ちます。

お金を借りなければならない状況は人それぞれなので、逆に消費者金融でお金を借りた方がベストだという状態の人もいるのです。

ですので、お金を借りるという状況に陥った場合、まず自分の状況を把握することをおすすめします。

だからこそ、お金の借り方、お金を借りる先について幅広い知識を普段から持っておくことが大切なのです。

国や公的機関から融資を受ける場合、いくつかの制度があります。

「総合支援資金」は金利1.5%で生活資金を借りられる低所得者層が対象の福祉制度です。

ハローワークで申し込める「職業訓練受講給付金」は返済不要の手当です。

また、「求職者支援資金」もまたハローワークで申し込める金利2.5%の融資です。

どちらもハローワークでの審査が必要で、基準がありますので確認してください。

また、高齢の方向けの年金を担保にした「年金担保貸付」、共済年金を担保にした「恩給・共済年金融資」もあります。

注意事項としては、自分が条件に合っているかを良く調べること、今すぐお金が必要なのかどうかということなどあらゆる面から調べて申込みを行って下さい。

また、関連する違法行為を行う業者もありますので、にわか知識ではなく、自分の目で調べておくことが大切です。

お金を借りるという事態は避けたいですが、どうしようもなくなってしまう時もあります。

そういう時は、まず生活ができるかどうかということが大事なので、自分にとってどの選択がベストなのかを良く考えて判断するようにしましょう。

銀行からお金を借りる人は安心と信頼を求める

銀行からお金を借りる人はどういう人なのでしょう。

基本的に銀行でお金を借りる時は、住宅やマイカーローンなどがイメージされます。

金利も一番安いですし、相談もしやすく、何より安心感があります。

しかし、これらの融資に対しては目的を明確にしておく必要があり、またその目的以外の用途には使用することができません。

以前こういう話がありました。

家を購入するときに物件評価額を吊り上げて、銀行に強引に融資を実行させ、車などの本来の目的以外のものもセットにしたという話があります。

これはオーバーローンといい、実際に家を手放す時にどのようなやり方をしてもローンだけが残ることになります。

これは禁止されている事項です。

銀行でも最近はカードローンにも力を入れてきています。

銀行でカードローンとはどういうことだろうと思われがちですが、持っていると大変便利です。

しかも銀行でお金を借りるので、総量規制の対象外になります。

しかも従来の融資などより審査も早くなっており、収入証明も100万円までは不要です。

また大きなメリットとして、借りる際の担保や保証人は不要です。

基本的に無担保、無保証人での貸付を行っています。

ここがカードローンの大きな魅力です。

通常、住宅ローンであれば家を担保に、目的が不明確な融資に対して銀行は保証人の設定を要求します。

しかしカードローンだけに限っては必要ないのです。

これは担保を取るほどの高額融資にならないことや、審査段階で誰かに分かってしまうといったデメリットを防ぐためにあります。

保証は保証会社がまかなうことになります。

最大1000万円のカードローンも可能ですがこれだけのローンをする人は全体の数パーセントです。

審査は消費者金融よりも厳しくなりますが、免許証や保険証があれば即、申し込むことが可能です。

申込み先も窓口ではなくATM内のボックスで可能です。

そして何日も待つこともない所がいいですね。

急な出費に対して、消費者金融で借りるのはちょっと・・・と考える人にはうってつけのローンとなります。