お金を借りる前に知っておくべき、国からお金を借りる方法

お金を借りる前に、知っておいた方が良いのは国からお金を借りるという方法です。

国や公的機関からの融資制度は、無利子、年利があっても1%台、2%台といったものがあります。

消費者金融と比べれば、相当利息が低いです。

ですが、だからといって国の融資制度に飛びつくのが得策というわけではありません。

国のお金から出されているので、審査や基準が明確にありますし、実際に融資を受けるのも先になる可能性があります。

消費者金融のようにすぐに借りることはできません。

また、基準や条件が満たなければ申し込んでも確実に落ちます。

お金を借りなければならない状況は人それぞれなので、逆に消費者金融でお金を借りた方がベストだという状態の人もいるのです。

ですので、お金を借りるという状況に陥った場合、まず自分の状況を把握することをおすすめします。

だからこそ、お金の借り方、お金を借りる先について幅広い知識を普段から持っておくことが大切なのです。

国や公的機関から融資を受ける場合、いくつかの制度があります。

「総合支援資金」は金利1.5%で生活資金を借りられる低所得者層が対象の福祉制度です。

ハローワークで申し込める「職業訓練受講給付金」は返済不要の手当です。

また、「求職者支援資金」もまたハローワークで申し込める金利2.5%の融資です。

どちらもハローワークでの審査が必要で、基準がありますので確認してください。

また、高齢の方向けの年金を担保にした「年金担保貸付」、共済年金を担保にした「恩給・共済年金融資」もあります。

注意事項としては、自分が条件に合っているかを良く調べること、今すぐお金が必要なのかどうかということなどあらゆる面から調べて申込みを行って下さい。

また、関連する違法行為を行う業者もありますので、にわか知識ではなく、自分の目で調べておくことが大切です。

お金を借りるという事態は避けたいですが、どうしようもなくなってしまう時もあります。

そういう時は、まず生活ができるかどうかということが大事なので、自分にとってどの選択がベストなのかを良く考えて判断するようにしましょう。