銀行からお金を借りる人は安心と信頼を求める

銀行からお金を借りる人はどういう人なのでしょう。

基本的に銀行でお金を借りる時は、住宅やマイカーローンなどがイメージされます。

金利も一番安いですし、相談もしやすく、何より安心感があります。

しかし、これらの融資に対しては目的を明確にしておく必要があり、またその目的以外の用途には使用することができません。

以前こういう話がありました。

家を購入するときに物件評価額を吊り上げて、銀行に強引に融資を実行させ、車などの本来の目的以外のものもセットにしたという話があります。

これはオーバーローンといい、実際に家を手放す時にどのようなやり方をしてもローンだけが残ることになります。

これは禁止されている事項です。

銀行でも最近はカードローンにも力を入れてきています。

銀行でカードローンとはどういうことだろうと思われがちですが、持っていると大変便利です。

しかも銀行でお金を借りるので、総量規制の対象外になります。

しかも従来の融資などより審査も早くなっており、収入証明も100万円までは不要です。

また大きなメリットとして、借りる際の担保や保証人は不要です。

基本的に無担保、無保証人での貸付を行っています。

ここがカードローンの大きな魅力です。

通常、住宅ローンであれば家を担保に、目的が不明確な融資に対して銀行は保証人の設定を要求します。

しかしカードローンだけに限っては必要ないのです。

これは担保を取るほどの高額融資にならないことや、審査段階で誰かに分かってしまうといったデメリットを防ぐためにあります。

保証は保証会社がまかなうことになります。

最大1000万円のカードローンも可能ですがこれだけのローンをする人は全体の数パーセントです。

審査は消費者金融よりも厳しくなりますが、免許証や保険証があれば即、申し込むことが可能です。

申込み先も窓口ではなくATM内のボックスで可能です。

そして何日も待つこともない所がいいですね。

急な出費に対して、消費者金融で借りるのはちょっと・・・と考える人にはうってつけのローンとなります。