銀行が難しい人は消費者金融からお金を借りる

消費者金融は銀行で借りることができない人が利用します。

といってもブラックリストに載るような人はいません。

少し勘違いされがちですが、利息制限法の曖昧な点をついた、いわゆるグレーゾーンは無くなり、消費者金融も利息だけ払ってもらうために、誰でも貸す時代ではなくなったのです。

現在は金利も法定利息内で貸付を行っています。

しかしパートや専業主婦などの毎月一定の収入が無い人が借りに来るのも事実です。

やはり銀行では一定の収入以上がないとカードローンでも貸してはくれないのです。

最近は消費者金融も窓口自体が減ってきています。

以前は町の至るところに、無人契約機やお店がありました。

現在は数社が集まって無人契約機を置く形式が多いのです。

申込みは無人契約機、インターネット、数少ない店頭での申込みが可能です。

また収入の証明書はほとんど必要としないため勤務先の証明などができれば大丈夫です。

また審査から発行も含めて30分程度でできます。

新生銀行グループのレイクではスマートフォンでも申し込むことができるようになりました。

来店が一切不要で、即日に振込みも可能にしてくれます。

最近はこういう形式での申込みが増えているため、窓口も不要で無人契約機でローンカードだけを受け取るだけになっています。

とにかくレスポンスが早いのが特徴です。

消費者金融は銀行傘下といっても単独で会社を運営しているためですので銀行とは違います。

そのため、年収の3分の1までしか借りることができないです。

パートや専業主婦の人はあまり借りられないのはこれが理由なのです。

もともと小口の融資で利息を高く取っていたので、利息が低くなっただけで方向性は今もあまり変わりがないです。

但し事故には敏感です。

預金で会社を経営しているわけではないので、ブラックリスト掲載者には貸すことはしません。

以上の理由などから、消費者金融からお金を借りる人は、お金にあまり困っていない人や今日だけ必要、明日には返せるという人に本当に向いています。

多額に借りたい人はやはり銀行へと行くことをお勧めします。