お金の返し方を間違えた場合、破滅する可能性があります

返済方法は様々ですが、事情に応じたお金の返し方があります。

まずキャッシングなどの返済はカードを使った入金が一般的です。

キャッシング用のカードは、クレジットカードなどの見た目ですぐ分かるようなカードではありません。

そのため銀行の入金と何ら遜色もないため簡単に返済ができます。

また銀行だけでなく、コンビニのATMでも返済が可能で、手数料も取られる心配もないので、安心して返済ができます。

では返済の方式はどのような返し方があるのでしょうか。

クレジットカードでよくあるように、ひとつは一括払いです。

これは元金に少しの手数料もしくは手数料なしで支払う方法です。

分割払いもよく似ています。

金利や手数料は会社により違ってきますが、2回、6回、12回、24回などキリの良い期間を選ぶことができます。

最近多くなってきたのはリボルビング払いです。

これは毎月決まった金額を支払うことです。

その定額の金額の中に手数料を含んで支払うことになります。

ここまではキャッシングやクレジットカードなどの小額の支払いになります。

では車や住宅などの高額ローンではどのような支払い方法があるのでしょうか。

元利均等方式は、はじめのうちは元金を減らすことができずに苦い思いをすることが多いです。

しかし、定額で支払うことができ、金利の動きにも左右されにくいのが特徴ですので、支払い計画をしっかりと立てることができます。

もう1つのお金の返し方は元金均等方式です。

これは徐々に支払う金額が低くなる返済方式です。

これははじめに負担が大きく資金計画を立てることが難しいため、住宅ローンなどではまず勧められない支払い方式です。

自動車ローンなどではこの方式が採用されることがあります。

お金を返すときに金利が発生します。

自動車や住宅ローンでは金利は固定式と変動式を選択できます。

固定式は情勢に変動があり金利が変動した際も影響を受けませんが、金利が高いのが特徴です。

変動式は金利の変動があると改定が発生します。

住宅ローンでは利息が変動した際、5年間は原則元金の返済分から相殺されます。

利息分が増え元金が後回しになるわけです。

5年後は非常に恐いのが特徴です。

お金の返し方は考え方と選択によって有利にも不利にも働きます。

しっかりと学んで、有効に活用してください。