お金を借りるのは難しい、年齢と収入のバランスが大事

お金を借りることができる年齢は決まっています。

まずクレジットカードなどの信販会社発行のカードは18歳以上であることです。

ここは学生でも大丈夫です。

学生でもカードが作れる理由としては、学生専用のクレジットカードが存在しているからです。

このような学生専用カードの場合は、学校が勤務先情報と同じ働きをしてくれることになります。

クレジットカード会社の狙いは、学校を卒業した後に優良企業に就職してさらに活用してもらおうとしているのです。

いい学校に入るほど使える枠が増えるということです。

とはいうものの未成年で借りられるのはここまでになります。

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングカードは20歳以上で安定した収入がある人に限定をされます。

以前は武富士などで、18歳以上の社会人であれば借入ができていたのではすが、未成年者ということでローン地獄になった際の責任問題の所在が不明になったこともあり、現在は20歳以上で責任をしっかりと負える状況下になる必要があります。

さらに未成年では会社の勤務期間も長くはないため、貸してくれる金融機関は限りなく少なくなっているのも事実です。

金融機関も無理をしてまで貸す必要は無いと考えているのでしょう。

ではどの年代が一番借入しやすいのでしょうか。

年齢的には30代前半が一番いいかと思われます。

仮にキャリアアップやリストラで再就職されても28歳以降から30代前半までなら就職先にもあまり困ることはありません。

逆に収入が安定している40代では万が一のことがあった場合、再就職はかなり厳しくなってきます。

逆に若すぎる場合は、勤務年数の短さや会社に執着しない点もあることから敬遠されがちです。

やはり勤務年数と年齢のバランスが一致することが大切です。

勤務年数と年収もあがってくる頃がお金を借りる適齢期なのです。

特に銀行などでは年齢はより厳しく審査されますのでしっかりとした準備が必要です。