お金を借りる場合には、ブラック情報では審査は危ういですよ

気軽に、比較的簡単にお金を借りる方法は意外に沢山あります。

それは、いわば金融機関といわれる企業の数ほどあるといって良いでしょう。

また、いざとなれば、親や親戚、友人からお金を借りるという手もあるかも知れません。

こうした合法的な借金の方法を含めれば、じつに星の数ほどもその可能性があるといえるかも知れません。

しかし、親戚縁者や友人からは、なるべくお金を借りるのはよしておきたいのも人情です。

なるべく人間関係を壊したくないからですが、借金を知られたくないという気持ちも働くかも知れません。

親しい人には自身の家計的な台所事情はなるべく隠しておきたいものです。

しかし、そうした誠実さとお金へのルーズさがちぐはぐで、時にローンの返済やクレジットやキャシングの返済を怠り、忘れていることもあります。

そんな時、たまたま、急な借金の必要性が発生した場合、困ったことになります。

金融機関でのキャッシングやクレジットのカードの申込をしても審査で否認されることがあるからです。

こうした審査で引っかかるのは、その人の与信情報がブラックに区分されているからと判定できます。

カードキャッシングは、クレジット会社を利用しようが、銀行を利用しようが、消費者金融を利用しようが、大変に簡単で便利な借金の方法なのです。

なるべく不誠実な痕跡残らないようにしておくべきでしょう。

こうした各金融機関では、個人の信用情報を第三者機関である信用情報センターで一括で管理しており、カード審査や更新時に活かすようにしています。

こうした個人信用情報に、利用・返済情報が最低5-6年は記録が残りますから、カード審査で否認される場合は、信用情報に長期延滞などの事故情報、いわゆるブラック情報が記載されていることが分かります。

よく消費者金融では、テレビCMなどでも「ご利用は計画的に」とか返済計画をしっかり立てて借入をするように宣伝しています。

過度な借入や無理な返済はなるべく避け、身の丈にあった借入方法を選択すべきです。