お金を借りる際に必要な連帯保証人とは何か

お金を借りる際に保証人が必要な場合がありますが、保証人とは何でしょうか。

簡単に言うと、お金を借りた人が返済できなくなった場合にその人の代わりに返済する責任を負う人のことを意味します。

最近では小口の融資に際しては保証人がいらない場合もありますが、金額の大きい住宅ローンの借り入れなどでは保証人が求められます。

それは、万が一お金を借りた人が不慮の事故に遭い働けなくなったり自己破産するなど、何らかの理由で返済ができなくなった場合にも金融機関が貸したお金を確実に回収できるようにするためです。

ところで、保証人には単なる「保証人」と「連帯保証人」の2種類があることをご存じでしょうか。

実のところ、お金を貸す金融機関などが求めている保証人というのは「連帯保証人」のことを指している場合がほとんどです。

ですから保証人を頼まなければならない場合、「保証人」と「連帯保証人」との違いをはっきりと理解することは大切です。

お金を借りた本人が支払いを放棄したような場合、お金を貸した金融機関などは「保証人」や「連帯保証人」に返済を求めます。

その際「保証人」には、まずお金を借りた本人に請求するよう求める権利(催告の抗弁権)と、お金を借りた本人に財産があればその財産を先に処分するよう求めたりする権利(検索の抗弁権)があります。

それに対し「連帯保証人」はお金を借りた本人と同等の責任を負っていて催告の抗弁権も検索の抗弁権もないため、借金の返済を求められれば、お金を借りた本人の代わりに借金を返済しなければなりません。

お金を貸した金融機関などが、連帯保証人から取り立てるほうがお金を回収しやすいと判断すれば、借主自身の返済能力の有無にかかわりなく連帯保証人に対して返済を要求することができ、連帯保証人は返済を断ることができません。

たとえ借主が破産して返済ができなくなったとしても、連帯保証人の返済責任は消えず、残った借金すべてを返済しなければなりません。

連帯保証人はそれほどの重い責任を負うことになるのです。

これこそが「どんなに頼まれても、連帯保証人にだけはなるな」と言われる所以です。

ですからお金を借りる際には連帯保証人がいらない消費者金融を利用する、連帯保証人がどうしても必要な場合には、保証料を負担して保証会社に頼むなど、連帯保証人の重い責任を身近な人に負わせなくてよい方法を考えましょう。