クレジットカードでお金を借りるということ

社会人になると、様々な理由からクレジットカードを持つ方が増えると思います。

その理由は人それぞれでしょう。

利用している金融機関のもの、量販店の提携カード、ドライバーズカード、大型ネットショップのカードなど様々なクレジットカードが存在しています。

そのようなカードには、キャッシングをする機能がついているものが多くあります。

自分が持っているクレジットカードを使用して、お金を借りることができるというわけです。

私たちが日ごろ買い物などで利用しているのは、ショッピング枠という枠に分類され、そこから利用限度額いっぱいで買い物時に利用することができます。

それとは別に、現金を引き出すキャッシング枠という、また別の分類で区別され借り入れることが可能なのです。

カードを契約する時に、そのキャッシング枠を指定することができるので、その限度額いっぱいを借り入れることができるシステムです。

返済はカード契約時に登録していた口座から、返済日に引き落とされる場合が多いです。

支払方法は、一括、リボ払いなどの方法がある会社もあります。

金利は一般的に高いと言われていて、クレジットカードでのキャッシングはあまりお勧めできないとコメントしている人もいます。

また、締日によってかかってくる金利が大きく変わるところも特徴です。

キャッシングを利用した場合、利息は日割り計算されるからです。

悪いことばかりに感じるかもしれませんが、会社によってはキャッシングすることでカードのポイントが増えたりなど、キャンペーンを行っているところもあります。

登録口座から勝手に引落してくれれば、返済の手間も省けます。

金利がキャンペーンなどで安いのは、意外にも消費者金融だったりします。

条件次第では無金利であったりするのです。

けれど、そうした消費者金融の会社に登録をしている人は、そういないでしょう。

手元にあるクレジットカードでキャッシングすれば、すぐにお金を借りれるのですから、その方が手軽です。

クレジットカードでの手軽さを選ぶのであれば、締日の日割り計算のことや、金利の金額などをきちんと把握して利用することをお勧めします。