注意点はお金を借りるところではなく無理をしないこと

お金を借りることは、決して悪いことではありません。

事業をするにも、家を買うにも、キャッシュで賄うことは難しいかと思います。

但し、気を付けなければいけないことが多数あります。

ここではお金を借りる注意点をご説明します。

第1に、返せる分だけ借りるようにしましょう。

無理をしないということです。

よくあるのが住宅ローンで無理をして家を建ててしまい、結果的に家を手放してローンだけ残るケースがあります。

これは本来自分の収入と残業代などを加味してローンを組むために、起こりうる話です。

景気がこれだけ不安定な状況下ですので、あるか分からないものに託してしまうのは非常に危険です。

またボーナス返済を併用することも上記と同じことになりますので、こちらもお勧め出来ません。

次に注意をすべき点は借りる会社をしっかりと選定することです。

まず必ず銀行へと行くようにしましょう。

なぜなら銀行の金利が、一番低いからです。

もし銀行で借りられない時は何かしらの問題があります。

借りることができなければここで止めておきたいものです。

しかし、そうはいかない時は銀行傘下の消費者金融へと行きます。

この時の注意点は金利をしっかりと把握することです。

消費者金融は金利がやや高めになっていますので、数社を比較して少しでも抑えられる所を選びます。

また消費者金融には借入に対して金利を優遇するサービスがあります。

借りる期間が短期や小額などの場合はこのサービスを活用することをお勧めします。

最後に自分の年収から借りられる金額を想定しましょう。

これは、貸金業法の改正で消費者金融では年収の3分の1までしか借入が出来なくなりました。

これは銀行のローンは含まれないです。

この総量規制はクレジットカードやノンバンクも含まれます。

あまり限界まで借りてしまうと、新たにクレジットカードなどが作れなくなってしまいます。

以上の点に注意をして、心に余裕を持った生活を送っていきたいものです。