海外でお金を借りるには、クレジットカードの海外キャッシングを

海外旅行で、お金に困った時に現地通貨に両替するには、日本円を空港などの両替所で交換する方法がありますが、その日のレートに1-2円高い両替手数料や交換所や銀行の両替利用料が付加されて、不利なレートになってしまうことがあります。

この場合、多くの旅行指南書では、通貨の両替よりも、クレジットカードからのキャシングを薦めています。

渡航先の国の通貨や銀行などによって交換レートが異なるため、一概には言えませんが、2-10%程度カードでのATMに依る現地通貨でのキャッシングの方が有利だと薦めているのです。

少し前には、シティグループカードが有利で便利だと言われていましたが、それはシティーバンクに預金がある場合に、海外でのATMから現地通貨で引き下ろせるという点でした。

しかし預金からではなく、クレジットカードからのキャッシングを利用するのであれば、別に外資銀行系のシティーグループや新生銀行のカードを利用するまでもありません。

クレジットカードの国際ブランドのVISAやMasterCard、JCBのカードを所持していれば、カードが使えるATMから現地通貨で、海外での貸出上限額までなら、世界約200の国と地域に200万台以上あるといわれているATMから現地通貨で借入・出金ができます。

その日の為替レートにカード利用料やATM引きだし利用料といったチャージ料が加算されますが、概ね銀行や両替所の実質両替レートより安く有利に利用できます。

海外旅行で、お金を借りる方法は、海外事情や慣習の違いや通貨事情の違いが顕著ですから、国内のように消費者金融や銀行で気軽にというわけにはやはりいきません。

つまり、やはりこうした場合には、国際ブランドのクレジットカードが唯一で最良最善のお金を借りる方法ということになるでしょう。

毎月のクレジットカードのカード利用代金明細書兼請求書を見るとカード利用可能額欄にキャッシング枠があり、国内キャッシング枠と海外キャッシング枠が明記されています。

海外でカードを利用する前に、事前に確認しておくことが重要です。