無職でもお金が借りられないわけではありません

過払い金の問題が表面化してからというもの、お金を借りる上での不安は少しずつ取り除かれていますが、それと共に、お金が借りにくくなってきているということも事実です。

総量規制のスタートも手伝って、消費者金融会社や信販会社などの審査基準は以前よりも厳しくなっています。

貸金業法が今の形で改正される前は、無職の方でもお金を借りることができるケースは有りましたが、今では期待しないほうが良いでしょう。

但し、無職だったら絶対にお金を借りることができないかというとそうではありません。

例えば、専業主婦の場合。

配偶者がサラリーマンや公務員で安定した収入がある場合には、お金を借りることができます。

但し、借入の申込をした貸金業者から配偶者に必ず電話が行きますので、配偶者に内緒でお金を借りるということは不可能です。

また、無職であっても何らかの収入がある場合にはお金を借りることができる可能性があります。

例えば、FXで利益を上げていたり、株式投資で安定した収入があったりする人は、一定以上の収入があることを証明することができれば、貸金業者がお金を貸してくれる可能性があります。

どちらにも当てはまらないとなると、借入の可能性はゼロに近くなりますが、何とかお金を借りたいと考えているのであれば、まずはアルバイトを始めてみることをお勧めします。

2~3ヶ月のアルバイト収入が発生すれば、お金を借りることができる可能性は高まります。

しばしばクレジットカードのショッピング枠を現金化するという手法が紹介されたりもしますが、そもそも違法であるうえ、利用したショッピング枠の返済はいずれ行わなければならないため、収入がない中での借入は自分をさらに厳しい立場に追い込むだけとなります。

また、お金の都合をどうしても付けたいがために闇金融に走るということだけはやめておきましょう。

まずは、たとえ無職であっても、貸金業者に認めてもらえる状況をどのように作るかということを考えることが大事です。

どうしても無職でお金を用意する必要があるのであれば、親族を頼るというのも1つの手段となります。