総量規制を理解して自分が借りれる限度額を知ろう

過払い金問題が盛り上がった頃、貸金業法の改正も行われました。

2010年6月に改正貸金業法は完全施行となりましたが、この改正により、キャッシング等の上限現金利の引き下げが行われた一方、総量規制も行われました。

今まで継続的にお金を借りていた人にとっては、金利が下がり利息負担が軽くなったというメリットもある一方で、借入限度額が低く抑えられてしまったデメリットもあるという改正になったとも言えます。

総量規制により借入は年収の3分の1となりました。

例えば、年収450万円の人は150万円まで借りることができるというわけです。

この事実だけを捉えると「ローンを組んで自動車を買えなくなる」「家のリフォームが出来ない」と慌てる人もいます。

しかし、総量規制には例外や除外があります。

総量規制を正しく理解しておくことが上手に借り入れをすることに繋がる世の中となってきました。

まず抑えておくべきは、総量規制は貸金業者を対象としており、銀行は対象外であるということです。

そのため、銀行から借りた住宅ローンやリフォームローン、自動車ローンは全て対象外となります。

また、貸金業者からの借入でもあっても、不動産購入又は不動産改良の為の貸付、自動車購入時の自動車担保貸付、高額医療費の貸付、不動産担保貸付などは除外となっています。

例えば、年収400万円の人が自動車ローンを200万円組んでも133万円のキャッシングは可能だということです。

逆にすでに年収の3分の1を超えるキャッシングをしていても、自動車ローンや住宅ローンは借入をすることはできるということです。

但し、必ず借りることができるというわけではなく、当然のことながら審査に通る必要があります。

もっと身近なところで言うとクレジットカードでのショッピング利用も総量規制の対象とはなりません。

クレジットカードをショッピングで利用した場合には、貸金業法は適用されず、割賦販売法が適用されるためです。

なお、クレジットカードでキャッシングをした場合には総量規制の対象となります。