親からお金を借りるときに注意すべきこととは

マイホームを購入する際、住宅ローンを組むと高い利子を何年も支払わなければなりません。

そのため、ローンを組まずに家を購入するために親からお金を借りる人もいます。

確かに親子関係が良好な家庭の場合、銀行や消費者金融からお金を借りるよりも親から借りる方が都合がよいかもしれません。

しかし、せっかくの良好な親子関係を維持するためにも、借用証書を作成し計画的な返済をおこなうように心がけましょう。

さらに親からお金を借りる場合に注意すべきことがあります。

それは贈与税の問題です。

通常、借金には贈与税がかかりませんが、親子間のお金の貸し借りが税務署から「贈与」と認定されると贈与税を課されてしまうからです。

こうした事態を避けるためには、親から借りたお金が贈与ではなく、あくまで借金であることを証明するため、一般の銀行や消費者金融からお金を借りるのと同じように、利率や返済条件、返済が遅れた場合の遅延損害金などの条件を記した借用証書を作成することが大切です。

借用証書を正式なものとするために公証人役場で公正証書にしておけばベストですが、そこまでしない場合であっても公証人役場で確定日付のスタンプを押してもらいましょう。

確定日付とは変更のできない確定した日付のことで、その日付にその文書が確かに存在したということの証明になります。

そして親からの借金が贈与であるとみなされないようにするには、その借用証書に記載する返済条件を現実的なものにしておく必要があります。

具体的な内容は一般の金融機関から借り入れをおこなう際の返済条件を参考にするとよいでしょう。

また銀行などの利率を参考に、現実的な利率を設定します。

住宅ローンの頭金だけを親から借りた場合などは「出世払いでいいよ」と言われることもあるかもしれませんが、そのような返済方法の場合、税務署から実質的には贈与であると認定され贈与税が課されてしまいますから注意が必要です。

また、借用証書に記載された返済条件に基づいて本当に返済がなされていることを証明できるよう、返済は手渡しでおこなうのではなく、銀行振込など記録が残る方法でおこないましょう。

親子であってもお金の貸し借りをあいまいにすることなく、きっちりと返済することによって大人としての責任を果たしたいものですね。