月別アーカイブ: 2013年11月

よく考えよう、お金を借りることのデメリット

お金を借りることには、メリットとデメリット両方存在します。

これは何事においてもそうなのですが、お金を借りることへのデメリットにばかり目が行く人が多いと思います。

大まかに言うと、金利が高い会社からなぜわざわざ借りるのか、損をするのではないか、返済に追われて生活が苦しくなる、などといったことがほとんどだと思います。

確かに、利息というのものはお金を借りる上で、切っても切り離せないものです。

保険に入っておいたり、貯金しておけば、お金を借りずに済むわけですから、その方が得策なのは当たり前です。

ただ、デメリットにばかり目が行ってしまうのは非常にもったいないです。

というのも、お金を借りなければいけない状況に陥ることは誰にでも起こり得るからなのです。

家族の誰かが病気になった時、治療費は出せても生活費がなくなる可能性があります。

また、通勤に必要な車が突然故障してしまってまとまった額が必要になった、などの不測の事態というのは起こる可能性があるのです。

そういった時に、お金を借りることの知識が乏しいせいでデメリットばかり頭にあると、適切に処理することができず、解決が遅れる可能性があります。

消費者金融や銀行のカードローンというのは、そういう時に非常に便利なのです。

特に消費者金融は即日で貸してくれることがほとんどなので、困った時にスピーディーに対応してくれます。

すぐに借りられれば、心の余裕につながり、事態が悪化することは無いでしょう。

また、懸念されることの多い返済についてですが、家計を圧迫しない額を自分できちんと把握さえしておけば、無理なく返済できます。

最大のデメリットでもある、利息についても、今は銀行系や信販系のカードローンの中に低金利の商品がありますので、色々と調べて自分に合ったものを見つけるとよいでしょう。

生活していく中で、一時的にお金が必要になることは仕方ないことです。

お金を借りるなら様々な視点から会社を選んで賢く利用しましょう。

なんだか心配…お金を借りることのメリットとは

突然、お金が必要な時はどういう時だと思いますか。

よく、漫画やドラマで取り上げられているので、会社の運転資金が無い時、ショッピングしすぎた時、ギャンブル、そういった時にお金が必要になって、消費者金融からお金を借りてしまうものだと思っている人が多いように思います。

要は、自業自得というかお金を借りること自体、臨場感がないと思っている人が多いでしょう。

お金を借りることにメリットなど尚更感じていないはずです。

確かに、そういう事情で借りる人も多いでしょうが、突然お金が必要になり、お金を借りるしかなくなってしまう時は誰にでも起こりうるのです。

例えば、冠婚葬祭、家族や自分の怪我・病気、洗濯機や車の故障による修理、ペットの治療費、そういったことというのは貯金でまかなえる時と事情があってまかなえない時があります。

そういう時に、消費者金融からお金を借りることはメリットがあるのです。

確かに、金利は高いですが、即日融資をしてくれるため一刻を争うような時にも頼りになります。

また、アルバイトやパートなどをしている人でも審査が通るので安心感もあります。

返済が一番心配かと思いますが、自分の必要額だけを借りれば問題ないでしょう。

家計を圧迫しない度合いを日頃から把握しておけば、返済苦に陥ることは避けられます。

最近は、銀行のカードローンも柔軟な商品が出てきているので、それらも含めて日頃から知識を身に着けておくと、突然の出来事にも適切な対応を落ち着いてできます。

利子がつくことばかりに目がいくと、まとまったお金を借りられるというメリットに気づけません。

金の切れ目は縁の切れ目と言うようにお金は非常にデリケートなものですから、すぐに対応してくれる存在はほとんどありません。

だからこそ、大手の消費者金融などは柔軟に対応してくれるので、そういうメリットも頭に入れておくといざという時に助けられます。

正しい知識と自分の経済状態を把握しておけば、とても便利な存在です。

おすすめしたい、賢く安全にお金を借りる方法

お金を借りることは、少し前まで、一律悪いイメージを持つ人や抵抗を持つ人が多かったように思います。

そのイメージの根幹にあるものは、金利の高さによる返済苦というものです。

大まかに言うと、金利が高いところでお金を借りてしまったがために金利しか払うことができず、返済に追われるといったイメージです。

確かに、消費者金融や銀行でもそうですが、金利はかかります。

お金を貸すビジネスを行っている企業は、利子で利益を出しているわけですから仕方のないことなのです。

ですが、まとまったお金が突然必要になることは誰にでも起こります。

例えば、親類に不幸があり、お葬式を出さなければいけなくなった、家族が病気になり、当面の生活費と入院費用が必要だ、車が突然故障した、そういった際に貯金から全て出せれば問題ありませんが、ほとんどの場合、難しいのではないでしょうか。

しかもそういった出来事は、急を要します。

すぐにお金を貸してくれる友人や親戚などいるはずがありません。

そういう時に便利なのが、消費者金融や銀行のカードローンなのです。

銀行は金利が安いですが、審査に時間がかかる場合がありますが、消費者金融は最短で審査を通してくれて、即日融資可能なところがほとんどなので、その場をしのぐことができます。

突然のアクシデントは予測しておくことはできません。

そしてまさか自分がと思うことがほとんどなのです。

もし、そういう困った時に消費者金融の情報を数社知っていたら、落ち着いて自分に合った会社を選べると思いませんか?女性専用の窓口を持っている会社もありますし、無利息期間を設けている会社もあります。

会社によってその強みは様々ですので、普段から情報を集めておくと、いざという時に役立ちます。

大手消費者金融であれば、ほとんど危ない目に合うことは無いでしょうし、何より自分自身で返済額を家計から逆算して把握しておけば問題無いでしょう。

自分のお金の流れをきちんと把握しておくことが、賢くお金を借りるための早道です。

アルバイトでもお金を借りることができます

アルバイトで生計を立てている人やアルバイトをしている学生、アルバイトで家計をフォローしている主婦の方と、アルバイトという勤務形態を有効活用している人は多いです。

生活のためにアルバイトをしているという理由がほとんどでしょうが、アルバイト先が夢につながる業界だという人もいれば、資格を取るためにお金を貯めている、お子さんの教育費のためにアルバイトをしているなどという理由で働いている人もいます。

それだけ、柔軟に私たちのライフスタイルに合わせて働くことができるのはアルバイト特有のメリットだと言えます。

以前は、そういった人達が、いざ冠婚葬祭、家族の病気、車の修理などでどうしてもその瞬間にまとまったお金が欲しいという時、融資を受けられる会社が少なかったのです。

ですが最近は、アルバイトの人も審査に通りやすく、学生や主婦でもアルバイトを安定した収入と見なしてくれる消費者金融がほとんんどですし、銀行でも商品によっては主婦、アルバイトの方OKというものもあります。

アルバイトという働き方は時間や働き方を選べ、自由度が高い分、正社員などの働き方と違い、社会的に保障してくれるものが少ないのが実情です。

自分で貯金をできれば問題はありませんが、不測の事態に対応できるほどの金額を貯めるには時間がかかります。

ですので、ある程度、お金を借りるという方法についてあらかじめ知識を身に着けておく必要があります。

自分の生活を守り、維持するためには必要な手段なのです。

きちんと知識さえつけておけば、危険な目に合うことはありません。

最近は、金利の低いローンもありますし、無利息期間を設けている消費者金融のローンもあります。

必ず自分に適したローンを見つけられるはずです。

そして、一番大事なことは返済についてですが、自分の家計を圧迫せずに返済できる金額を見極めることにポイントを置き、普段からお金を借りるための情報を集めておくと良いかもしれません。