お金を借りる方法について知識を身につけよう

お金を借りるということは、お金が無くなってしまった時の最後の手段だと考えている人が多いと思います。

それで正解なのです。

実際、公的機関、銀行、消費者金融などからお金を借りた場合、利息がつくので、結果的に借りたい金額よりも多く返済することになるわけですから、借金はあまり良い方法ではないですよね。

ただし、やむを得ず借りなければならない状況は身近にたくさんあります。

突然失業してしまった時、個人事業で何かあった時、お子さんの学費や諸経費でどうしてもお金が必要な時、色々な状況が重なってしまうと誰でも金策に走らなければいけない事態になります。

そういう時に、お金を借りる方法を知識としてあらかじめ知っておけば、どのような方法が自分にとってベストなのか適切に判断できます。

まず、お金を借りる方法として大きく分けられるのは、国や公的機関から借りる方法、銀行から借りる方法、消費者金融から借りる方法になります。

お金を借りるのでそれぞれ利息がつきます。

また借り方もカードローンとキャッシングがあります。

それぞれ借りる前に必ず審査がありますので、特に国や公的機関の場合は条件に目を通しておいたほうが良いです。

利息が低い分、誰でも借りれるというわけではありません。

カードローンは、リボルビング払いとなっていて一定額を長期間返済する形式です。

キャッシングは、翌月に一括返済するので両者は返済方法が違います。

カードローンも利息が安めの銀行は、収入面などでの審査が厳しく、消費者金融は審査があまり厳しくないので、パートをしている方、アルバイトをしている方でも審査を通ればすぐに借りることができます。

最後に、お金を借りる上で一番大事なのは、自分がいくら必要なのかをきちんと計算しておくことです。

ご利用は計画的にとCMで流れていますが、家計から一定額支払い続けられる無理のない限界の金額を算出しておくこと、車などの個人資産を売却してお金を得られるかどうかなど、あらゆる方面から考えて、借金の額を必要最低限にまで抑えることが一番大切です。

そして、計画が立てられたら、自分のライフスタイルに合った方法でお金を借りましょう。

お金を借りるのに必要書類にはどんなものがあるのか

どんなに貯金をしっかりしていても、どんなに計画的に生活していても、突然お金が必要になる状況が訪れる可能性はあります。

失業や病気などのネガティブなこともそうですし、個人で事業を行う方も増え、主婦でも副業を持っている人が増えました。

学生で事業を起こしている人もいます。

そうやって、個人が様々なライフスタイルを実現し始めたため、お金をどう借りるかということもまた重要なポイントになってきているのです。

何らかの方法でお金を借りることになった時、何も知識が無ければ太刀打ちできません。

一番認識しておいて頂きたいのは、お金を借りるということは、必要金額をすぐに受け取れる代わりに利子が発生します。

それは誰でも、想像つくことですよね。

それゆえ、お金を貸す側としても信用を何かの形で証明させる必要があるのです。

お金の借入先ですが、国や公的機関、銀行、消費者金融がメインになってきます。

利息が低いところで借りるのがベストですが、そういうところは審査が厳しくなっています。

必要書類が沢山いるのではないかと、思われるかもしれませんが、その手続き面は難しくありません。

最近では、ネットやスマホで申込みできるところもありますので、必要書類を用意する、記入する面倒はあまり感じないはずです。

また、借金と言えば保証人が必要だというイメージがあるかと思いますが、大手消費者金融は担保や保証人、印鑑はいりません。

審査は、借入先によって違います。

利子の低い銀行は厳しめに審査しますので時間がかかる場合もありますが、消費者金融ならすぐに審査が通ることがほとんどです。

受け取りには、本人確認書類として、運転免許証やパスポートなどが必要になりますが、申込み時に必要な書類という点では、神経質になるレベルではありません。

あらかじめサイトなどで収入証明に必要な書類などがあれば、記載されているので問題ありません。

ただし、審査では、「希望額貸してきちんと返済できるか」という観点でチェックされますので、自分の希望額については利息含めてしっかり考えておかなければいけません。

なるべく借りる額を少なくして、無理なく返済することが安全なお金の借り方だと言えます。

意外と知らないかも・・・お金を借りる手順とは

普段生活していると、奨学金で大学に通ったり、親や友人からちょっとした額のお金を借りることはあっても、まとまった金額を銀行や消費者金融で借りることはあまりないですよね。

メディアでも借金についての報道はされていますし、映画、漫画などでもローンやキャッシングを題材にした作品がありますから、なるべく借りない方が良いのかな程度の認識かと思います。

しかし、突然まとまった額のお金が必要になることもあるのです。

例えば、世帯主の傷病、失業、保険に入っていなかったなどもありますし、最近増えている個人事業主の場合は、もし突然のトラブルが起きた時に、支払いが必要になることもあるでしょう。

お金と生活は世の中の経済状況、予測できない事故、トラブルなどが絡み合い、繊細なバランスを保ちながら関係しているのです。

そういう時に、銀行や消費者金融は便利ですので、仕組みや手順をきちんと理解しておけば、心強い味方となります。

正しい知識をつけて、いざという時のための選択肢の一つとして、冷静な頭で判断できるようにしましょう。

実際に、お金を借りる手順ですが、銀行でも消費者金融でもまず、申込みを行います。

ネットなどで簡単にできる会社もありますので自分の状況に合わせて選びましょう。

またその次に審査となりますが、銀行など利子が低いところほど審査は厳しくなります。

審査に通れば、貸付が行われ、あとは利子が上乗せされた自分が借りた額を月々返済していくというのが大まかな手順です。

今すぐ必要なのか、あるいは借りるのが少し先で良いのか、まず自分の状況を見極めることが一番大切なことです。

今すぐ借りることができる、審査のスピードが速いなどのメリットがあるのは消費者金融です。

銀行は審査が厳しめですが、利息が低いメリットがあります。

また、自分で返済計画を立てて、家計にどれだけ影響があるかも考えておかないと返済が滞り、最悪の事態になりかねませんので、どうしてもお金を借りなければいけない非常事態の時ほど、冷静に考え、判断するようにしましょう。

クレジットカードでお金を借りるということ

社会人になると、様々な理由からクレジットカードを持つ方が増えると思います。

その理由は人それぞれでしょう。

利用している金融機関のもの、量販店の提携カード、ドライバーズカード、大型ネットショップのカードなど様々なクレジットカードが存在しています。

そのようなカードには、キャッシングをする機能がついているものが多くあります。

自分が持っているクレジットカードを使用して、お金を借りることができるというわけです。

私たちが日ごろ買い物などで利用しているのは、ショッピング枠という枠に分類され、そこから利用限度額いっぱいで買い物時に利用することができます。

それとは別に、現金を引き出すキャッシング枠という、また別の分類で区別され借り入れることが可能なのです。

カードを契約する時に、そのキャッシング枠を指定することができるので、その限度額いっぱいを借り入れることができるシステムです。

返済はカード契約時に登録していた口座から、返済日に引き落とされる場合が多いです。

支払方法は、一括、リボ払いなどの方法がある会社もあります。

金利は一般的に高いと言われていて、クレジットカードでのキャッシングはあまりお勧めできないとコメントしている人もいます。

また、締日によってかかってくる金利が大きく変わるところも特徴です。

キャッシングを利用した場合、利息は日割り計算されるからです。

悪いことばかりに感じるかもしれませんが、会社によってはキャッシングすることでカードのポイントが増えたりなど、キャンペーンを行っているところもあります。

登録口座から勝手に引落してくれれば、返済の手間も省けます。

金利がキャンペーンなどで安いのは、意外にも消費者金融だったりします。

条件次第では無金利であったりするのです。

けれど、そうした消費者金融の会社に登録をしている人は、そういないでしょう。

手元にあるクレジットカードでキャッシングすれば、すぐにお金を借りれるのですから、その方が手軽です。

クレジットカードでの手軽さを選ぶのであれば、締日の日割り計算のことや、金利の金額などをきちんと把握して利用することをお勧めします。

お金を借りるときに利用したいキャンペーン

皆さんお金を借りるときに、まずは身近な人から借りようと考える人は多いかもしれません。

または、銀行に融資してもらうといった手もあるでしょう。

他には消費者金融から借りる、といった選択肢もあります。

消費者金融からお金を借りたら、金利が高すぎて、とんでもないことになるのでは、と考える人が少なくないと思います。

しかし、今の消費者金融はそうしたイメージを払拭するようなサービスを、たくさん行っています。

無利息キャンペーンや、キャッシュバックキャンペーンなど、様々なキャンペーンを打ち出し、利用者がより気軽に利用できるよう工夫されているのです。

また商品券が抽選で当たったり、提携のホテルなどが優待価格で利用できたりと、思ってもいないようなサービスを受けることができる会社もあります。

そのようなキャンペーンは様々な消費者金融が行っていますし、内容もいろいろです。

キャンペーンにも期間、返済期日、借り入れ限度額など様々な条件があるものが基本です。

その内容を各社比較した上で、自分に一番有利なキャンペーンを行っている会社を選ぶといいでしょう。

CMや会社が大きいという理由で選ぶのも一つの方法ですが、あまりCMなど放送していない会社でも、魅力的なキャンペーンを行っている会社もあります。

口コミをインターネットで確認することが可能であれば、そうしたものも参考にされると、より良い会社を選ぶ手助けになるでしょう。

また、提携している銀行の手数料が、指定期間内無料になるといったキャンペーンもあります。

自分の利用している銀行が提携先の金融機関であれば、そちらを選ぶことでメリットが出てくることもあります。

友人や、親にお金を借りることもいいですが、周りに迷惑をかけたくないという方は、消費者金融を利用してみることも考えてみてはいかかでしょうか。

様々なキャンペーンを賢く利用することで、低金利、もしくは無金利で借り入れすることも可能です。

消費者金融の無利息とはどういうことなのか

お金を借りる際に一番気になるのは利息ではないでしょうか。

この利息がつくために、実際借りた金額より多く返済しなければいけないからです。

友人や、親、兄弟から借りるときは、借りたお金そのまま返せばいいので楽です。

返済期日が曖昧でも、その人との信頼関係ができていれば、問題ないことも多いでしょう。

しかし、消費者金融から借りるとなればそうはいきません。

相手は会社ですし、いきなり個人に少額なり、高額なりのお金を融資しなければならないのですから、利息をもうけるのもうなずけます。

そうした中で、「消費者金融でも、無利息でお金を借りることができる」という話を聞いたことがある方もいることでしょう。

それはどういうことでしょうか。

調べてみると、無制限に無利息というわけではありません。

あらかじめ決められた額で、決められた期間内に返済した場合。

また、会社の指定した条件に見合う場合のみ、無利息で融資が受けられるというサービスの事です。

その期間は1週間から、180日と消費者金融の各会社によって異なります。

そして、借り入れの限度額も各社違っています。

そうした会社の中には、パートやアルバイト、主婦の方にも融資してくれる会社があります。

無利息でお金を借りることができるなら、友人や、兄弟に迷惑をかけることなく、お金を工面することができますよね。

そのようなサービスを行っている会社は、大手の消費者金融が多く、大変安心感もあります。

消費者金融を利用するメリットとしては、他人に知られることなく、即日融資が受けられることが大きいと思います。

しかも、限度額内で、返済期日を守り、条件に見合えば、無利息で融資してくれるというのですから、これほどありがたい話はありません。

返済もコンビニATMやインターネット、から簡単に行うことができます。

うまく利用すれば、急にお金が必要になったときなど大変便利です。

しかし、先に述べたように返済期間があらかじめ設けられていますし、中には1週間というものもあります。

1週間後には借りたお金を、全額返済する準備が必要という事です。

無利息だからと無計画で借入していては、メリットがありません。

無利息であっても計画的な借り入れが大事だということです。

お金を借りるときに参考にしたいインターネットの情報

皆さんは、お金を借りた経験があるでしょうか。

自分の親や、知り合い、友人から少額の貸し借りを経験したことがある人は、多いと思います。

しかし、高額の金額であったり、頼れる人が周りにいない、急いでいるといった理由から、消費者金融に借り入れをすることもあるかもしれません。

消費者金融と言えば、一昔前は法外な金利を要求され、取り立てが厳しいなどの悪いイメージしかありませんでした。

現在は法律が規制され、そのイメージも払拭されつつあります。

消費者金融の会社のホームページを見てみると、顧客のニーズに対応した、様々なサービスが行われていることがわかります。

無利息キャンペーンや、キャッシュバックキャンペーンなど借り入れる額や、期間によっては、銀行に借り入れるより金利が安く済むこともあるのです。

借入に対してのサービス追及には目を見張るものがあります。

とにかく、融資をスピーディーに行ってくれる会社が多いのです。

審査も早いですし、中にはカードが手元に届いていなくても、取引可能な場合もあります。

携帯やインターネットを使用すれば、だれにも知られずに、時間もかけず借り入れ、返済を実行することが可能です。

返済方法も多彩に準備されていますし、相談窓口も充実しています。

サービス内容は各社様々ですので、インターネットで、今どんなサービスを行っているのか、どんなキャンペーンを行っているのか確認してみることがお勧めです。

また、各社提携している金融機関が異なりますので、自分の口座がある金融機関と、提携している会社を選ぶのもいいでしょう。

インターネットには、消費者金融のランキングや、利用者の口コミを見ることもできます。

有名な会社であるとか、CMを見たなどの安易な理由で、そうした会社を選ぶのではなく、自分にあった会社を選ぶことが大事です。

お金を借りるということは、必ず返済しないといけません。

返済のことも考えた上で、かしこく消費者金融を利用しましょう。

お金を借りる方法は多様化し審査のハードルを下げていきます

急な事情で、迅速簡単にお金を借りるには、いくつかのお金借りる方法が考えられます。

ネット検索で探せば、お金を借りる方法には幾通りもの回答が見いだされます。

また、そうした借金の方法を指南する推奨コラムや知恵袋、有利な借金のランキング、比較サイト、口コミまで様々です。

そうしたなかで、多いのが、こうした借金のための指南で、必須の審査の通りやすい方法とかカード会社とか消費者金融などの記述が目立ちます。

やはり、お金を親や友人関係でなく用立てる場合に、幾多の金融機関を利用する方法がドライでスマートな方法となります。

この場合に、必須条件となってくるのが審査ということになります。

キャッシングカード発行の場合でも、審査のハードルをクリアしなければ融資を獲得することはできません。

また、この審査は、申込時の収入や職業、勤続年数、役職、定住所などによって個人のスコアがはじかれ、さらに金融機関の利用履歴や返済実績などの個人の信用情報の照会をもとに判定がなされることになっています。

かつては、専業主婦や学生などがお金を借りる方法はごく限られていましたが、いまやその審査の厳しかったクレジットカードでさえ主婦の入会を優待していますし、学生に対しても大学生であればアカデミーカードなどを発行して優遇するカード会社さえ出現するようになっています。

時代と状況は変化するということが如実に現れています。

また、借金に対する世間の考え方や見方も当然変化してきているのです。

かつては、お金を借りることは恥ずべき行為でしたし、多くの人は抵抗がありました。

クレジットカードにすら違和感を表明する時代もあったのです。

けだし、金融業が繁栄している理由がよく理解できます。

大手銀行の始めた「バンクイック」などのカードローンキャッシングも、時代の変化の一つでしょう。

銀行業が消費者金融を自営する時代が訪れようとしています。

お金の用途はモノやサービスを買うだけの時代ではなくなってきています。

借金をして個人もあたりまえに、積極的に自身でリスクをコントロールしてファイナンスや投資に乗り出す時代が到来するのかも知れません。

いま未成年者や主婦がお金を借りることに抵抗のない時代です

かつて主婦がお金を借りる方法に乏しかったように、同様に未成年や学生もお金を借りる方法は限られていました。

商店での割賦販売でも親の保証人のサインや印鑑がなければ利用ができなかったのです。

ましてや、クレジットカードを持つなど考えられませんでした。

それも当然で、安定的で定期的な収入や定職がない学生や未成年者がクレジットカードの審査に通ることは考えられなかったのです。

西欧では、連名口座が一般的ですから、親の収入のある口座でデビットカードを作って子供に持たせて、学生時代の学費や教材費の足しにするという習慣があります。

日本では、そうした習慣や慣習がないため、海外で勉学する子弟には、親のクレジットカードで家族カード作り、そのカードを持たせて留学費用を賄うといったことがあります。

しかし、家族カードもいいのですが、ネット時代では様々なサービスをネット通販や音楽や書籍コンテンツ、ゲーム、ソフトウェアのネットダウンロードが学生には人気があります。

こうしたショッピングやサービス、チケットの購入などで未成年者も積極的にネット決済手段としてクレジットカードを使うようになっています。

学生の少額のお金を借りて、バイトで働いて返すということも一般的です。

こうした未成年者の先楽後憂的な志向が消費面にかなり貢献しているはずです。

主婦と学生は、消費に比較的積極的で、主要な家計の担い手が後ろに控えている分、堅実に借りたお金は返済が可能というのが幸いしています。

カード返済の事故率も低いといいます。

こうした未成年や主婦層を、積極的なターゲットにしてクレジットカード事業を伸ばしているのが楽天カードなどのネット系やイオンカードなどの大手流通系のクレジットカード会社です。

クレジットカードには、キャッシング機能が付加されており、小口の融資は高金利でショッピングクレジット事業を上回るカード会社の収益の柱です。

銀行系も、自行クレジットカードや消費者金融のカードローン、三菱東京UFJ銀行の「バンクィック」などの直接貸出などの金融商品の品揃えで主婦層の借金需要や学生の教育資金需要に対抗しようとしています。

主婦がお金を借りることに積極的な時代になりつつあります

かつては専業主婦がお金を借りるといえば、サラ金くらいしか方法がありませんでした。

サラ金は、いま名前を変えて消費者金融と呼ばれています。

しかしこの消費者金融業界も、貸金業法の改正で上限金利の灰色部分がなくなり、消費者金融業界の再編を一気に推し進めることになりました。

有力消費者金融は銀行傘下に治まり、かろうじて大手独立系のアイフルと武富士が経営再建途上にあります。

しかし、主婦がお金を借りようとする場合、いまでは、それほど消費者金融に頼る必要もなくなってきています。

まず、クレジットカード業界で、専業主婦やパートやアルバイト、派遣社員でもカード発行に積極的に応じるカード会社が、ネット系のカード会社を中心に現れています。

たとえば、楽天カードなどがその代表です。

また、大手流通系カード会社でも、主婦のカード発行に積極的な会社は沢山あるようです。

ただし、信販系のクレジットカード会社では、未だに主婦は審査のハードルが高いままというところがあります。

この場合には、家族カードを作って対応できます。

安定した収入のある一家の世帯主に個人会員になってもらい、その家族扱いのカードが配偶者や子供の名義で作ることができます。

現在、専業主婦でも家計の財務大臣的な立場で、毎日の食糧や日用品を消費する立場ですし、ネット通販など利用する若い主婦も増えています。

こうした主婦層の積極的な取り込みをクレジットカード業界でも、流通大手やネット系カード会社は熱心に行ってきているからです。

また大手銀行も、自社系列のクレジット会社や消費者金融、自行キャッシング事業と手を替え品を代えして、商品の品揃えで主婦層にはハードルを下げてきているようです。

主婦は、女性の習性として返済に対して事故率が低い傾向にあり、小口の融資であれば、お金を借りることに躊躇がない点が認知・理解されてきているからだといわれています。

日本では、これから人口の減少傾向が顕著となっていきます。

主婦は貸し金業界では大切な需要家と見なされます。

お金を借りる場合には、ブラック情報では審査は危ういですよ

気軽に、比較的簡単にお金を借りる方法は意外に沢山あります。

それは、いわば金融機関といわれる企業の数ほどあるといって良いでしょう。

また、いざとなれば、親や親戚、友人からお金を借りるという手もあるかも知れません。

こうした合法的な借金の方法を含めれば、じつに星の数ほどもその可能性があるといえるかも知れません。

しかし、親戚縁者や友人からは、なるべくお金を借りるのはよしておきたいのも人情です。

なるべく人間関係を壊したくないからですが、借金を知られたくないという気持ちも働くかも知れません。

親しい人には自身の家計的な台所事情はなるべく隠しておきたいものです。

しかし、そうした誠実さとお金へのルーズさがちぐはぐで、時にローンの返済やクレジットやキャシングの返済を怠り、忘れていることもあります。

そんな時、たまたま、急な借金の必要性が発生した場合、困ったことになります。

金融機関でのキャッシングやクレジットのカードの申込をしても審査で否認されることがあるからです。

こうした審査で引っかかるのは、その人の与信情報がブラックに区分されているからと判定できます。

カードキャッシングは、クレジット会社を利用しようが、銀行を利用しようが、消費者金融を利用しようが、大変に簡単で便利な借金の方法なのです。

なるべく不誠実な痕跡残らないようにしておくべきでしょう。

こうした各金融機関では、個人の信用情報を第三者機関である信用情報センターで一括で管理しており、カード審査や更新時に活かすようにしています。

こうした個人信用情報に、利用・返済情報が最低5-6年は記録が残りますから、カード審査で否認される場合は、信用情報に長期延滞などの事故情報、いわゆるブラック情報が記載されていることが分かります。

よく消費者金融では、テレビCMなどでも「ご利用は計画的に」とか返済計画をしっかり立てて借入をするように宣伝しています。

過度な借入や無理な返済はなるべく避け、身の丈にあった借入方法を選択すべきです。

お金を借りる方法には、幾多のカードキャッシングが考えられます

お金を借りる方法は、現在それほど難しくありません。

ただし、クレジットカードや消費者金融の審査をクリアする程度の要件を満たす必要があります。

それが合法的な正規の金融機関からお金を借りる最低の条件だともいえるでしょう。

もちろん、親や親戚、或いは身内の人や親しい友人から借金の無心をするという手もあります。

いざという場合には、それが可能なら、それに越したことはないともいえます。

しかし、縁者や友人からお金を借りるのは気が引けるという人もいるでしょう。

また、そうした人に借金を知られたくない、迷惑をかけたくないという人もいることでしょう。

もし、迷惑をかけるような事態になれば、旧来からの人間関係にひびが入る可能性だってあるでしょう。

ある程度社会的に認知される生計の基礎があるならば、人間関係に関わるようなリスクにはなるべく触れずに、そっとしておいて、別のお金を借りる方法や手段を模索したいと考えます。

そのための基本的な要件が、一般的なクレジットカードや消費者金融の審査程度はパスできるという要件を備えているということです。

ひとには、急にある程度まとまったお金が必要になる場合があります。

たとえば、給料日前の飲み会の費用とか同僚や友人の結婚式とか、病気や怪我で緊急入院とか、思わぬ出費に見舞われる場合もあります。

こうした時に心強い借金の方法や給与の前借り的な方策があれば、安心でき余裕が生まれます。

クレジットカードでは、少額のキャッシングが24時間いつでも何処でもできます。

消費者金融も24時間申込がネットで可能ですし、即日審査で借入が可能です。

一週間以内の借入には利息が付かない消費者金融も存在します。

銀行のバンキング、すなわち定期預金を担保にしたカードキャッシングでも低利でお金は借りることができます。

また、最近では、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」などを利用すれば、消費者金融のアコムやプロミスなどの金利よりも安く有利に銀行からカードキャッシングができます。

こうした、いざというときの借金の方法を確保しておくことは、大人の安心や余裕につながります。

お金を借りるには、カードで即日融資が可能なのでしょうか

比較的簡単にお金を借りる方法に、カードローンと呼ばれるキャッシングがあります。

まず、消費者金融のキャッシングローンです。

特徴は、店舗に赴かずにネットなどで審査が早く小口の融資が受けられることです。

アコムやプロミスなど大手銀行グループ系の消費者金融では、即日融資は当たり前です。

銀行やコンビニのATMから24時間いつでも何処でもカードがあれば融資が限度内で受けられます。

ただし、融資金額に対する金利は高めです。

つぎが、クレジットカードによるキャッシングです。

こちらもクレジットカードの付帯機能としてのサービスですから、申請・審査を経て契約とカード発行がなされれば、消費者金融のカッシングローンと同様にいつでも、どこでもカード限度内で小口の即日融資を受けることができます。

こちらも貸金業法の範疇で上限金利が小口の場合、年利で20%以下、18%程度と高金利設定です。

あとは、銀行のキャッシュカードローンがあります。

これは、銀行の期日指定定期や郵便局の定額預金などを担保としたカードによるキャッシング(借入)です。

こちらも定期預金が担保となり、その九割までを自動的に満期期日までに低利で貸し出すため、銀行の総合口座のキャッシュカードさえあれば、即日でもいつでも限度内で低利で融資が受けられます。

そして、最近、新しく銀行のカードローンに加わったのが、同一グループ内で消費者金融が行っていたキャッシングローンを銀行がそっくり真似て商品化した三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」などや三井住友銀行のカードローンなどです。

この銀行のキャシングサービスでも、消費者金融のアコムやプロミスとまったく同じようなキャッシングローンを無担保で用途自由で、消費者金融よりも低い年利4.6-14.6%で提供し始めています。

もちろん即日融資も可能だといいます。

ネットで申し込んで、審査も短時間で済むように手続きを簡略化しています。

小口融資に直接銀行が事業展開を急ぐ背景には、企業融資などの資金需要が減退しており、銀行が預金の新たな借り手や貸出先を拡大せざる終えない事情もあるといいます。